レバ刺し原因か?、居酒屋で食中毒

 福岡市の28日発表によると、博多区内の居酒屋で今月6日に生の牛レバー(肝臓)の刺し身などを食べた家族4人が、下痢や腹痛などの食中毒症状を訴えたそうです。

 市によると、4人は30代の母親と10代の娘2人、10歳未満の娘1人。6日午後8時ごろに居酒屋で牛の「レバ刺し」や焼き鳥などを食べ、9日午前中から症状を訴えたということですが、症状は軽いそうです。
 同じ居酒屋で食事をしいた他の客も症状を訴えており、福岡市は同店が提供したレバ刺しが原因となった可能性があるとみて調べています。

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の食品衛生分科会が、牛の肝臓を生で提供することを禁止した同省の方針を了承し、これを受けて7月1日からレバ刺しが禁止されることになっています。そのため、今焼き肉屋にはレバ刺しを注文する客が殺到しているそうですが、最後の最後で食中毒が出てしまったようです。まあ注文する客が多ければ、それだけ食中毒の発生する可能性も高まると言うことです。