血糖値が上がらないケーキ

 糖尿病専門医と洋菓子職人らが協力、糖尿病の患者や予備軍の人でも糖分を心配せずに楽しめる低糖スイーツづくりに乗り出しました。血糖値を高めない食材を使いながらも甘さを保ち、おいしさにこだわったケーキやタルトを商品化すると言う事です。

 糖尿病は、血糖値が病的に高い状態をさす病名です。世界保健機関 (WHO) によると、2006年の時点で世界には少なくとも1億7100万人の糖尿病患者がいるそうです。しかも患者数は急増しており、2030年までにこの数は倍増すると推定されています。

 原因の多くは、糖質の取り過ぎ。特に経済水準が高くなり、甘いものを多量に摂取するようになると増えていく傾向が高いようです。
 今回開発された低糖スイーツは、小麦粉や砂糖の代わりに大豆の粉や人工甘味料などを使用、糖質を5g以下に抑えるのだそうです。ただし、材料費が10倍以上になると言うことで、糖分と値段は反比例の関係にあり、懐には大きな負担になりそうです。

 でも完成すれば、糖尿病だけではなくダイエット中の人、特に女性から支持を得られるんじゃないでしょうか?。特に将来糖尿病になった場合に考えられる経済的損失を考えれば、決して高くないと言えるかも知れません。