東洋大が往路新記録で優勝

 第88回東京箱根間往復大学駅伝大会(箱根駅伝)第1日は2日、東京・大手町から神奈川・芦ノ湖までの往路5区間108.0キロに20チームが参加して行われ、東洋大学が4年連続4度目の往路優勝を果たしました。
 記録は5時間24分45秒で、従来の往路記録を5分以上も短縮する新記録。また山登りの5区で柏原竜二(東洋大学)は1時間16分39秒の区間新記録をマークし、この区間で4年連続の区間賞となりました。

 2位は昨年総合優勝の早稲田大学、3位は明治大学、4位は駒澤大学、5位は城西大学、6位は山梨学院大学、7位は青山大学、8位は東海大学、9位は國學院大學、10位は関東学連選抜でした。以下、日本体育大学、中央大学、順天堂大学、国士舘大学、神奈川大学、上武大学、帝京大学、拓殖大学、中央学院大学、東京農業大学の順となっています。

 東洋大学は1区でこそ1位を早稲田大学に譲り4位となりましたが、2区から5区までは全て1位で往路新記録を樹立。2位の早稲田大学に5分差をつける圧勝でした。