牛丼の大手3社、大幅減益

 牛丼チェーン大手3社の2012年4~6月期連結決算(吉野家ホールディングスのみ3~5月期)は、原料となる米や牛肉などの高騰により、3社とも本業のもうけにあたる営業利益が大幅減益となったそうです。

 ゼンショーホールディングスは売上高が前年同期比4.2%増の988億円でしたが、営業利益は56.8%減の21億円、税引き後利益は49.9%減の3億円となりました。
 吉野家HDは売上高が0.5%減の399億円で、営業利益が65.2%減の3億円、税引き後利益は1億円の赤字でした。
 松屋フーズも売上高が7.0%増の191億円でしたが営業利益が85.0%減の1億円で、税引き後利益は87.9%減の6000万円でした。

 ゼンショーも松屋も売り上げは増えているのに、営業利益が半分以下に減少という苦しい結果。吉野家に至っては税引き後の利益が赤字になっています。
 果てしない消耗戦が続いていた牛丼大手3社に、原材料高騰と言う大逆風が吹いているようです。