東北電力、値上げ可能性に言及

東北電力の海輪誠社長は27日の記者会見で、電気料金の見直しについて、「健全な経営が維持できなくなれば考えざるをえない」と述べ、将来の値上げの可能性に言及しました。

これまで東北電は「復興の妨げになる」として否定してきましたが、そうも言っていられなくなってきたようです。何しろ2011年3月期の337億円の赤字、2012年はこれが2500億円の赤字になる見通し。原因は言うまでもなく東北大震災による設備被害の復旧費用と、そして原子力発電の停止に伴う電力不足を補うための、火力発電所の稼働増による燃料費の増大。
設備被害は復旧してしまえばそれ以上費用はかかりませんが、燃料費は原子力発電の再稼働が可能になるまで続きます。しかも現状、再稼働の目処はついておらず、たとえ再稼働に目処がついても東北でそれが出来るのかどうか。

このままでは赤字が続き、時間の問題で破綻してしまうでしょう。値上げは避けられそうもありません。