東証、世界3位に返り咲き

昨年1年間の世界の証券取引所での株式売買代金(アメリカ・ドルベース)で、前縁4位だった東京証券取引所が上海証券取引所を抜いて3位に浮上したそうです。1位はアメリカのナスダック市場、2位は同じくニューヨーク証券取引所で、東証はアジアでは1位に返り咲きました。

国際取引所連合(WFE)がまとめた所によると、2011年の東証の売買代金の合計は4兆3557億ドルで前年より5.8%増えたそうです。しかし、円で計算すると347兆1504億円で、同3.4%減。ようするに、円高によってドルベースの数字が上がっただけ。ただし、上海証券取引所も3兆6684億ドルで、18.5%減と大幅に減っています。
上海証券取引所は2009年に東証やロンドン証券取引所を抜いて3位になっていましが、2年で陥落しました。中国のバブル崩壊は時間の問題と言われますが・・・。

東京証券取引所は1949年4月1日に証券業者(後の証券会社、現在の金融商品取引業者)を会員とする東京証券取引所として設立。2001年11月1日に組織変更し、株式会社東京証券取引所となりました。日本を代表する金融商品取引所であり、永らくニューヨーク証券取引所やロンドン証券取引所と並んで「世界三大市場」に挙げられていましたが、近年香港や上海にその座を脅かされています。