「B級グルメ屋台」来月山形に

 山形市七日町の「山形屋台村 ほっとなる横丁」周辺で、青森県八戸市の「せんべい汁」や宇都宮市のギョーザなど、東日本各地の屋台7店が一堂に会する「全国屋台村B級ご当地グルメの祭典」が6月8~9日に開かれます。

 このイベント、「ほっとなる横丁」など9道県16団体が加盟する「全国屋台村連絡協議会」(八戸市)が年1回の総会を開く都市で毎年開催しているもので、今回で4回目。2009年に加盟した「ほっとなる横丁」は昨年の総会予定地でしたが、東日本大震災の復興支援のため、宮城県気仙沼市で代替開催されていました。
 両日とも午後6時に開場で、ジャガイモのでんぷんと小麦粉を混ぜた「十勝じゃが麺」(北海道帯広市)や、刻んだイカのゲソとキャベツなどを小麦粉でまとめて油で揚げた「イカメンチ」(青森県弘前市)など7店舗、10種類以上のメニューが集まるそうです。