スペースワールド跡地、土壌汚染の恐れ

 北九州市は昨年末に閉園した同市八幡東区のスペースワールド跡地について11日、土壌汚染対策法に基づいて、形質変更時要届出区域に指定しました。

 スペースワールドの敷地は、元は新日鉄住金八幡製鐵所の遊休地で、ベンゼン、シアン化合物、鉛等による土壌汚染の可能性があると、同社から申告があったと言う事です。

 今更そんなことを言われても、と言う話です。現在スペースワールドの敷地はアスファルトで覆われており、人体への影響はありません。しかし、工事をする場合は土壌が飛散しないようにシートを張る等の対策が必要になるそうです。と言う事は、スペースワールドの建設工事の時は一体どうなっていたのでしょう?。汚染された土壌が飛散して、工事関係者がそれを浴びたり吸い込んだりしていたのではないでしょうか?。

 跡地にはイオンモールによる複合施設建設の計画と、プラネタリウムや教育施設の建設計画があると言うことですが、今回の指定で計画に何らかの支障が出るかも知れません。