フランス人女性不明から1ヶ月、捜索難航

 観光で日光(栃木県)を訪れていたフランス人女性ティフェヌ・ベロンさんが行方不明になってから、1ヶ月が経過しましたが、未だに手がかりもつかめていません。

 ベロンさんは7月28日、日光市内の宿泊施設にチェックインし、翌日朝軽装で外出したのを最後に行方が判っていません。栃木県警は日光東照宮周辺を中心に捜索、目撃情報を募りましたが、付近は人気の観光地で普段から外国人が多く、有力な情報は得られていません。

 その頃丁度台風の影響で付近の河川が増水しており、川に転落して流された可能性もあると見て、利根川や鬼怒川の下流域を捜索するよう千葉県警と茨城県警に依頼しています。

 この失踪事件は本国フランスでも関心が高く、ローラン・ピック駐日大使が栃木県知事や県警本部を訪問、早期解決を求めています。また、フランスのメディアも「事件の可能性が高い」などと報道しています。

 もう1ヶ月経つんですね、直ぐに見つかるかと思ったのですが。そう言えば、北海道で行方不明になった中国人女性は残念ながら遺体で発見されています。