牛レバ刺し、禁止直前に食中毒

 秋田市保健所は5日、同市大町の居酒屋「やきとり宮本大町店」で飲食した3グループの20~30歳代の男女計8人が腹痛や下痢などの症状を訴え、うち5人の便から食中毒菌のカンピロバクターを検出したと発表しました。
 カンピロバクターは真正細菌の一属の総称で、カンピロバクター症の原因菌として呼ばれることが多い細菌です。一般に動物の腸管、生殖器、口腔などに常在しています。

 発表によると、8人は6月28日夜、同店でレバ刺しを食べ、7月1~3日に発症し、市内の医療機関で受診した。入院した人はおらず、全員快方に向かっているという事です。同保健所は、同店が出した牛の「レバ刺し」が原因と推定し、同店を5日から3日間、営業停止処分にしました。

 7月1日に禁止される事になっているレバ刺しを求めて、禁止直前に駆け込み需要で注文が殺到したそうですが、注文数が増えれば当然こういう事態も起きるでしょう。最近に多様な報道を幾つか目にします。もともと危険性が指摘されていた食材ですし。